ネットスーパーの魅力

多様化する顧客のニーズ

多様化する顧客のニーズにこたえるため、さまざまな事業でその業務の細分化が見られます。物流事業もその傾向があります。物流には、大きなトレーラーで貨物船の大型コンテナや車を運んだり、また小さな軽貨物で狭い路地にある住宅に荷物を運ぶものまであります。このようなボリュームの違いだけでなく新たなサービスが増えてきました。たとえば、企業が手持ち在庫を減らすためにおこなっている定期便は、決まった時間に決まった場所へ届けるジャストインタイムです。ドライバーを専属にしてコミュニケーションのスムースさをサービスのひとつに取り入れることもあります。急な納期の変更や思った以上に受注が多いなどの突発事態にも迅速に対応するスポットサービスもあります。そして特に急増してきているのが軽貨物でのネットスーパー事業です。

狙い目のネットスーパー

インターネットの普及により、通信販売の量は増える一方でリアル店舗を超える勢いです。また、少子高齢化や過疎化の影響から買い物に不自由するいわゆる、買い物難民が問題視されてきています。その、問題を解決する方法のひとつとして、軽貨物を使ったネットスーパー事業が注目されています。大手スーパーなどがネットや電話を使って注文を受けそれを短時間で客先の自宅まで届けるものです。配達には車で住宅街を回ることになりますので、大きなトラックやバンでは小回りや駐車スペースに不安があるので、主流となる軽貨物にビジネスチャンスがあります。但し、ドライバーは直接一般の客とやり取りをするので言葉使いや清潔感が非常に大事なことから高度な接客技術を身につける必要があります。そのため専門の講師による講習などで人材を育てる必要があります。