発送する方法

通販ビジネスで大変なのは発送事務

Eメールの普及によって手紙やはがきなどの文書をやり取りする機会は減ってきましたが、商品や各種のグッズなどが発送される機会は減少していないどころかむしろ増加しています。これは奇しくもEメールを普及させたのと同じインターネットの発達によるもので、通販ビジネスなどが活発化したことに伴うものです。 ネット通販は店舗を持つ必要がないことから小規模事業者でもはじめやすく、中には主婦が家事の合間に運営しているといったケースもあります。 ただ、そうした事業者にとって負担となるのが、商品の発送事務です。ビジネスが成長して扱い量が増えれば増えるほど負担も大きくなるので大変です。 そんなときに便利なのが、発送代行サービスです。発送代行サービスは商品の梱包から発送までを一括して請け負う専門サービスです。

負担を軽減し、スペースも節約可能

発送代行サービスにはさまざまな形態がありますが、もっとも手厚い場合、依頼者がやることは商品と発送先リストを渡すだけです。あとは業者側が自ら資材を調達して梱包を行い、あて名ラベルを作成し、郵便局や運送会社へ持ち込むところまですべてやってくれます。梱包も商品の性質や形状に合わせた対応が可能です。通販事業者にとっては手間のかかる発送事務を完全にアウトソーシングできるので、とても便利です。 また、発送代行業者の中には商品の保管サービスを行っているところもあります。このサービスを利用すれば通販事業者側は倉庫スペースを持つ必要がなくなるばかりでなく在庫管理も代行してもらえるので、業務の効率化が一層図られることになります。